直接觀看文章

To be or not to be.

2015/02/02

To be or not to be.

シナイ半島に行った。
世界各地で、なぜ、こうも衝突が絶えないのだろう?
その一方で、全世界中にに漂うグローバル化の疲れや失望-「私たちには正直わからない」「私たちだけは安全なはず・・・」「自分の家族が一番大事」といったある種開き直った意識。
“What can I do ?”

視聴者離れの激しいドキュメンタリーの存在意義とは何か?作り手はその点を深く考えようとしない。突き詰めていくと、自分の首を絞めるからだ。

モバイル時代にニュースに求められるモノは何か?短くても継続して伝え続けることが大きな山を動かすことになるのを忘れてしまったかのようだ。

メディアで伝えられる時には、もうすでにポリティカルなゲームにすり替えられてしまう昨今の事件事故。バリューを付けていくのは難しい。

「話題」の現場で起こることはごくシンプルだ。

朝10時くらいに床からのそのそ出て、何の迷いもなく考えもなくAK47やRPGを手にとり戦いに行って、戻ったら仲間と食事をして、タバコをくゆらせながら馬鹿話をして寝る。ごくまれにモノ好きな外国人のジャーナリストや諜報部員、自分たちの知り合いではない人たちの訪問を受けると、単なるおしゃべりが答えの出ない議論に変わる。そして、寝る-
そんな繰り返しが戦闘地帯における最前線の日常だ。

作成者: Kenji Goto 

.
.
有時候,我敬佩這種義無反顧。

因為我不知道為什麼他們可以選擇這種崇高的理想,而不是陪伴家人的小確幸。

當然每一個人都有他的選擇。
每一個人都有是非對錯。
也都沒有是非對錯。

有時候,我也哀悼這種義無反顧。
因為留下來的人會與悲傷共處一段不短的時間。

直到,學會某種溫柔與堅強。

 

其實有時候我也知道,我做的事非常微不足道,
足以淹沒在歷史的洪流裡。

可是,我也想堅持。
對的事就是對的,不是今天大家冷眼旁觀不說不做它就不對了。
錯的事就是錯的,不是今天大家都在講都在做它就變對了。

很小也好,我想選擇對的事,對的價值觀,對的態度。
這有很難嗎?
某個瞬間某個當下的確很難。

要堅持更是困難。

.

.

就是無愧於心而已。

fea@Jp730+

廣告
No comments yet

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

%d 位部落客按了讚: